Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコ! その1

ふう。肉体的、精神的、そして霊的に忙しかったので、なかなかコンピューターに向う気になれなかったのだ。
今日の夕食後、8時よりコンピューターに向かってメールの返信をはじめ、色々やってたらもはや12時をすぎている…。メールを書いたり、ちょっと思いついたことをちゃちゃっとググったりしているとあっという間に半日くらいすぎているものね。ネットって怖い。

さて、サンフランシスコ生活、大まかに
●ベリーダンスライフ
●ウオーキングライフ
●スピリチュアルライフ
に分かれている。まあ、踊ったり、歩いたり、お祈りしたり、くらいしかしてないってことなんだけど。外食が高くて仕方ないうえに、ひとりで宿泊しているとホテル代もばか高いし、食生活は結構貧しい感じなのだー。

相変わらず、写真なし、だらだらと長い旅行記ですので、ささっと読み飛ばしてくださいませ。


ベリーダンス

Fat Chance Belly Dance
かの有名なFat Chance Belly Danceでのレッスン。
結構ルールに厳しくてレベル1しか受けさせてもらえなかったんだけど、初めてのトライバルレッスン、新鮮だった!
やっぱりトライバルって群舞だから、動きだけではなくリーダーとフォロウアー(リーダーについていく人)の位置関係とか追い方とかを習うのね。それは考えた事なかったっす。
あと、先生がしましまのタイツをはいていたのがかわいかった。どうでもいいけど。

Suhaila -- Sabriye
それからかの有名なSuhailaのレッスンも。
と思い事前にメールで問い合わせまでしたにも関わらず、行ってみたら本人ではなく別な先生のレッスンだった。あれれ?
でも、この先生がなかなか素敵だったのだ。Sabriye Tekbilek、かっこよかったー!
顔も声も話し方も私好みだし!(どうでもいいか)
そして噂にはきいていたけど、レッスンがタフだ!準備運動がスクワット50回と腕立て伏せ50回と自転車こぎ50回とか…。体育会?
しかも、郊外のスタジオまで6時起きでわざわざ行くし、と思って1日で4クラス(うち3クラスがSabriyeの担当)もとってしまった私。ああ、死ぬかと思った!
でも確かにクラスの皆さん、動きにきれがあり、やっぱり筋肉大切かも~と実感!アメリカのベリーダンサーって、贅肉も筋肉もたっぷりある感じだもんねえ。
岡山の皆さん、今月のレッスン楽しみにしてて!!うひひ。

Jamila's Zill
4クラスめはJamila Formatのジルのクラス。mixiで知り合ったベリーダンスやっている女の子が“この人、私の師匠ですごいいい人なの~”と言っていたので、ちょっと楽しみにしていたら、よちよちと不安になるような足取りで出て来るおばあちゃん、いや、女性が…。まさかと思いきや彼女が先生であった。ビミョーに不安に…。
しかし!ジルを持つ手を動かしはじめたとたん、魔法が…。すごいっす。
音楽に合わせて自在に拍子をくるくると変えていく…。音楽を流しっぱなしにして、一拍のなかで1つ打って、2つ打って、4つ打って…はまだできるけど、その間に3つとか5つとか…。5つとか、早すぎて手がついていかないのはまだ仕方ないとしても、実は日本人の私にはそのハーモニーが分からないとというか、普通の4拍子の音の中に5つ打ちが入っても全然気持ちよくない…。のれない…。つぼが分からない…。
私たちが5つ打ちを練習しているのを目を閉じて聴きつつ、
“あ、今遅れた、今のはよかった!”
とか言われても、もはや遅れてるんだか早すぎるんだか、私にはさっぱり…。
しかもそれを歩きながらやるんだけど、5つ打ちの“2”で足を出すのであるよ。分からない~。なんで1じゃないの~???
そして何に驚いたって…レッスンの終わり頃に突然
“うーん、8拍子は一拍目を探すのが難しいわねえ。じゃあみんなで1を探す練習をしましょう!”

先生、それはできるんですよ、私たちっ!
5とか、7とか、9とか11が難しいのですってば!

何か、アラビア音楽と西洋音楽との間にはものすごく根本的に違うものがあることを肌で感じた1時間であった。
ちなみにJamilaは高齢で手以外はあまり動かせないため、アシスタントの女の子がひとりいてその子がデモをしてくれんだけど、彼女がジャミーラの言葉を理解するスピードがものすごかった!
“ジルは四つ打ちでエジプシャンベーシックを倍速でしながら半時計回りにターンを右に4拍左に4拍から、ジルは3つ打ちで右のヒップドロップを1/2速度で時計回りに4方向に4拍ずつ、エジプシャンベーシック半分の速度で8カウント…”
みたいな指示を、ものすごい早さで口頭で言われ、次の瞬間には言われたことをしているという、その体育会のような師弟関係にアメリカベリーダンスの神髄を見た気が…。尊敬。

スタジオまでの道のり
しかし、ベリーダンススタジオってたぶん家賃の関係なんだろうけどだいたい分かりにくい場所にあって、サンフランシスコの主な交通はバスなんだけど、なぜかバス路線図には路線だけでバス停の位置がのっていないので、乗っている間通りの名前をずっとチェックし続けなければいけないので疲れる~。しかもSFって、通りを1本入ると突然治安の悪いエリアに!みたいな、白黒はっきりした感じなので、歩いていて道に迷うとドキドキ。グレーゾーンさえあれば、ちょっとおかしいぞ?って気付いて戻れるのに、突然ばあっと嫌な感じに街が変わるので、悪い魔法を見ているような気分に。
Suhailaのスタジオからの帰りは、バス停で親切なおじさんが教えてくれた通りに別なバス停に向って歩いていたら、その道が最も危険なエリアとされるテンダーロインをまっすぐ縦断する道で(後で気付いた…)、ふとまわりを見渡してみたら浮浪者とギャングみたいな黒人男性しかいないし、道は悪臭がするし…にやにやした顔でじろじろ見られて、泣きそうになった。やっぱり日本人な私…。結局、通りかかったタクシーに慌てて飛び乗ったのであった。
こちらに来てすぐに現地の友人に「テンダーロインにだけは昼間でも近づくな」とかたく言い渡されていたのに…。くわばらくわばら。

ウオーキング
別になんてことはないのだけれど、ひとりで出歩くときはかなり歩いている。もともと歩くのが好きなのと、複雑なバス路線をどうしても使いこなせる気にならないのと、サンフランシスコがそれほど大きい街ではないことなどを考え合わせると、歩きたくなってしまう。
そういうわけで、未だにサンフランシスコ名物のケーブルカーにもまだ乗っていないのだ。
サンフランシスコの街は、なぜかアメリカというよりもヨーロッパの香りがする感じなので、何もない住宅街を歩いているだけでも結構楽しい。街の北側にいればかなり安全だし。
ニューヨークより全然好きな感じ。

スピリチュアル
まったく期待していなかったのに、なんだかものすごくスピリチュアルになりつつある今回のSFの旅。成田を出発してすぐに、隣に座ったアメリカ人男性がものすごい善人オーラを出していると思ったら、彼はインドネシアのイリアンジャヤに在住のキリスト教ミッショナリー(伝道師)だと分かり、なんかおかしい気はしたんだよね。
話をきいてみると、彼の人生は最近読んだ本「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」(パウロ・コエーリョ)に出て来る男性とよく似た人生を送っていた。
そして私は先ほど成田空港の本屋さんでパウロ・コエーリョの『アルケミスト』を読み直すために購入したばかりだったのだ!
長くなるので途中は省くけれど、それをはじめとして、ものすごくたくさんの偶然とは思えない色々なことが連続して起こり、結局、どうなったかというと、ひとりの、ものすごくパワフルで魅力的なサイキックリーダー(超能力 ーと呼ぶとなんだかうさんくさい響きになってしまっていやなのだけどー を使って人の過去や未来や現在や色々を読んでくれる人)に巡り合うことになった。
色々な理由で、細かいことはここには書かないけれど、この出会いは私にたくさんのことを考えさせてくれた。彼女に会うためだけにサンフランシスコに来たのでは?と思ってしまうほどだ。
まだ、自分でもよく分かっていないんだけど、なんだかすごいなあ…。うん。
そんなどれもこれもが、良い方向に進みますように!





スポンサーサイト

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主催するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。中学高校と続けていた新体操をベースに、ダイナミックでジャンルにとらわれないダンスパフォーマンスを目指す。
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。
現在は麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講。産後もますます輝くママたちを応援しています!


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。