Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

11月岡山の日々ー2

岡山巡業のつづき。
yas081124.jpeg
↑玉野クラスのレッスンにて
とっても熱心な玉野クラスの生徒さん達は、振付けを覚えるためにビデオ撮りをしていた。便利な世の中になったものだ!!

11月23日(日)
毎月のことだが、日曜日になると“岡山巡業も佳境に入ってきました”という感じになる。
もうちょっともうちょっと、と細胞が叫ぶ感じ。おうっ。
またまた昼にばたばたっと起きて、あわてて倉敷CO-OPへゴー!

母と叔母とりえちゃんが面白がって体験レッスンを受けるというので、ちょっとやりにくい(笑)。が、母と叔母はあっという間にギブアップして退散。
それからは調子が出て来てがががっとレッスンを進める。

古くからのメンバーであるSalujuちゃんとMaeveちゃんが、発表会に向けて岡山での自主練習を再開してくれた(興味のある人はmixiをチェック!)ので、またみんなが盛り上がってくれるといいなあ、と思う。

ベリーダンスを初めてから本当に思うけど、ダンスをうまい具合に続けて、広げていくためには、自らのテクニックとか、経済的な基盤とか、もちろん大切だけど、本当に一番大切なのは人間だ。
ちゃんと自分を見てくれている人(というものの定義は人それぞれだと思うけど)を見極めて、正面からきちんとつき合っていかないといけない。(他のことは自然についてくる、後から。)
私は生来嘘がつけなくって、思っていることをがんがんと言ってしまい、自分ではそれが誠意だと思っているんだけど、他の人から見るとデリカシーがないと感じられてしまうこともあったりするので(そして実際ないんだろうけど)、私のことを本当に分かってくれる人でないと、こちらが全身でぶつかっていったときに、するりと身をよけられて寂しくなったりすることがある。
だから私が、色々な方法で自分が考えていることを説明していって、自分がもうこれ以上は上手に説明できないって思ったところまでいって、それで分かってくれなかったら、あきらめるしかないんだなあと、この年齢になると思う。逆に、それで分かってくれたという手応えがある人は、本当に大切にしなければならない人だ。

最近、生徒さんの何人かにはちょっと厳しいこととか、私が昔に迷っていたときのことなんかを話す機会があって、本当にちゃんと伝わるかなあと心配したりもしたんだけど、今のところ、とても素直に受け止めてくれて、それぞれに自分なりの解釈をして行動に起こそう、という感じが見られるのが、心から嬉しい。

と、遠回りになってしまったけど、こうして一ヶ月に一回しか来られない岡山が、こんなにちゃんと続いていけるのは、色々な人々のおかげだなあ、と思ったのでした。
感謝感謝。


日曜の夜は月例のTurukuaz。
ここ数ヶ月、ひと月前から満員御礼のこちらですが、なんと今月は奥さんであるゆきちゃん不在。友人の結婚式のためハワイに行っていたそうなのだが、関空から“ハワイ楽しみ半分、お店心配半分”というメールがばっちりと来ていて笑っていたもののー。

心配的中…。


始まる前にカウンターに座る女性がひとり。携帯電話に向って、あまり穏やかでない感じで話していたので、大丈夫かな?とちょっと心配していたらば。

…まあ、あまり楽しい話ではなかったので詳細は省くけど。
踊っている最中に酔っぱらった彼女が乱入してきちゃったのね。しかも、ヤスミンの手をとって、自分のまねをしろとせまったりとか。

彼女は、東欧の某国の人でもう13年も国に帰ってないとかで。そしてたまたまその日、私はその人の国の曲で踊っていたのだ。

気持ちは分かるんだよね、踊りたくなる。
普通に飲んでいるときだったら、楽しく一緒に踊って、笑い合って、面白かったね、ですむと思うんだけど。

今はショーで。お客さんたちは1ヶ月以上前から予約をして、楽しみにして、それぞれにお金を払ってこの場にいるわけだと思うと。申し訳なくって。

たぶん、ゆきちゃんがいたらやんわりと途中で止めたり、なだめたり、連れ出したり、してくれたお思うんだけどなあ…。

私だってこの曲がだいすきで、ジプシーソングであるこの曲を、タンバリンを使って踊るのを、すごーく楽しみにしていたのに!

なんだかなあ。

と思っていたら、結局その人が、ショーが終わった直後に誰かを迎えに行くとか言ってお金を払わないまま出ていってしまったまま戻ってこない、ということになってしまい、なんだか…。(どうせ出ていくなら、せめてショーの前に…と思ってしまった、お店の人には申しわけないけど)
酔っぱらってないときはいい人なんだよ、と言っていたので、もしかしたら翌日くらいにはごめんなさいって言ってお金を払いに来てるのかもしれないけど。
でも、がっかりだったなあ。
普段こんなことがほとんどない大好きなお店だけに余計。
うむ。
でも生徒さんたちがたくさん来てくれたし、神戸から、島根から、名古屋からと、各地からのお客さんも来てくれたので、すごく嬉しかった♪
P1010489.jpg

すごい内輪ネタでショー後の話をすると、東京に引っ越したはずのモト君が引越延期になって飲みにきてたりとか、そのモト君とレスリングの光君とが、高校生顔負けのファッション談義で大盛り上がりしていたりとか、ずうっと会いたかった山本さんの彼女(最近つきあいはじめた。すごい美人さん!しかも飲める!←これ重要)に会えたりとか、風邪でレッスンを休んでいたとくちゃんが顔を出してくれたりとか、わいわいと楽しかった。
ヤスミンパパはごきげんで、自作のぺらぺらの手作り名刺(肩書きは瀬戸内夕日丘農園代表!どこ?)やら新米やらを配ってまわっていて、どこぞの選挙運動顔負けの感じだった。

帰宅してなお、名古屋母子とヤスミン母子とで、宴会の続き。親戚づきあいとか、親の介護の問題とか、色々となまなましい話をしつつ、笑いと涙をさしはさみつつ、2時すぎに就寝。


つづく














スポンサーサイト

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主催するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。中学高校と続けていた新体操をベースに、ダイナミックでジャンルにとらわれないダンスパフォーマンスを目指す。
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。
現在は麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講。産後もますます輝くママたちを応援しています!


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories