Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOKOHAMA TRIENNALE

週末、横浜のトリエンナーレに行ってきた。

200809151534000.jpg
川べりに出現したフラフープで作られたドーム。

思えば、長い道のりだった。

(日曜夜)
私:ねえねえ、なんかいっつも私が週末のお出かけプランニングしてるよねえ。たまにはなんか考えてよ。
D:うん…。(PCに向ってなにか調べること1時間)

(翌日)

D:今日は10時半には家を出るからね。行き先は秘密。
私:何着ていけばいいの?
D:ジーンズにスニーカー

(1時間後、汚いジーンズにTシャツの私)

私:ちょっと、なんで自分だけ白いパンツにジャケットなわけ?
D:いや、いいんだよ、これで。
私:なんで私だけこんな汚い服で自分はジャケットなのよ?

なんだかんだなんだかんだ。

(結局ふたりとも汚いジーンズで出発)

私:電車?タクシー?歩き?
D:う~ん…(黙考)…ちょっと歩こう。
私:いいけど…(疑いのまなこ)おなかすいてるんだけど。
D:あと30分くらいで食べられる。

(連れて行かれるままに歩いていたら、なぜか六本木一丁目駅に到着)

私:あのねえ、南北線に乗るなら、麻布十番に歩けばずうっと近かったし、途中でごはんも食べられたんだけど。
D:おお。ここは南北線なんだ? 


…ちょっと、間違えたみたいだ。


私:(疑いのまなこ)で、切符はどこまで?

D:…駅の人に聞いてきます。

(160円の切符を買って戻ってくる)

D:2番線だ!

(南北線に乗り、“麻布十番駅を通り過ぎつつ”目黒駅で乗車)

私:で、ここから?

D:……。駅の人に聞いてきます。

という感じで、えんえんと駅の人に聞いたり、間違えたり、さんざん遠回りをしつつ、結局なんのことはない、横浜の山下公園に到着。
この時点で、私はまだ目的地を教えてもらえず。
いらいらいらいらいらいらいらいらいら。

私:普通の公園に見えますが。今日、ここで何か起きるのでしょうか?
D:あれ、人がいない…。人が…。おかしい。今は2008年だよねえ?


2008年????
確かにそうですが、“年”単位の間違いですか????


で、ここでやっと横浜トリエンナーレを目指していたことを教えてもらい、携帯のネットで調べたら今年のメインベニューは山下公園ではなく、新港パーク付近であることをつきとめ、結局タクシーで移動。

分かってるよ、分かってるよ。
叱っちゃいけないよねえ、せっかくやる気になってがんばってるんだからさ。
彼なりにがんばったんだよねえ。

でもね

1:行きたいイベントを決める。(私の場合はこれが一番たいへん。)

2:開催場所を調べる。

3:電車での行き方を調べる。

4:だいたいの時間配分など調べて、遠い場所だったらご飯を食べられそうな場所の目星をつけておく
5:行き先を秘密にしたいのであれば“山の中に行くわけではないから服装は普通のカジュアルでいいけど、ちょっと歩くことになるから足の痛くない靴を”くらいのことを言ってくれる

という、これだけのことを求めるのは、求め過ぎでしょうか?
四捨五入すると40歳になる人に。
1しかできてないじゃん、1しか!
なぜ、1時間もパソコンに向かい合って調べて、自信たっぷりに“僕は準備できたからいつでも出発できるよ!”とか言うわりに、家を1歩出た瞬間にはどっちに向って行けばいいかわからないのだ?

疲労困憊。(お互い)

そして展示作品も、イマイチなのが多く。まあ、好きなのも数点あったけど。

200809151440000.jpg
これ、アートとよんでいいのかどうかは分からないけどかわいかった。2ひきのぬいぐるみが寝てます。おなかにモーターみたいのが入っていて、寝息に合わせて腹が上下する。


200809151501000.jpg
鏡をがしゃがしゃ割ったもの。
アートというか、私に割らせてくれ今すぐに、という感じだった。

クールな外観に惹かれて夕飯を食べに入ったレストランでは、ぬる~いスパークリングワインを出され、1口飲んであまりにぬるいので
“すみません、冷えているものはありませんか?”
と言ったら即答で
“今、冷えているのはないんです”
と言われた。驚いたけれど
“冷たいものが飲みたいので、じゃあ違うものに変えてもいいですか?”
と言ったら、すごくいやな顔をされた。
しかも、その女の人は他の従業員に“店長”と呼ばれていてびっくり。
彼女は間違いなく冷えてないのが分かっていてあのワインを出したのだ。返事の早さからも、すみませんの一言がなかったことからも明らかに。冷えてないのが分かっていてぬるいビールを出すようなものだよなあ。店長にしては、ひどくないですか?
そしてその時点で予想した通り、お料理は見かけだけをきれいに整えられた、なんの魂もない感じの味だった。
もう行かないと思うよ、と思ってお店の名前を調べてみた。モディッシュ馬車道店。この口コミコメントを見て超納得!そうそう!同感です!
お店の味って店員の態度で分かるよなあ~と、しみじみそう思う今日この頃。なんか大人になった気がする。


そして帰り道。
あまりのDの計画性のなさに思わず
“今日はどうもありがとう。でも、本当にプランニングが苦手なんだねえ、君は。”
と言ってしまったら
“え、なんでそんなこと言うの!?”
って。

なんで?
なんで??
なんでって????

なぜになんでかわからない?



楽しかった(部分もたくさんあった)けど、自分でプランニングする方がらくだってことがよ~く分かったこの日。
人間には、得手不得手というものがあるんだよね。
彼が優秀な弁護士だという事実が、とても不思議に思えた。











スポンサーサイト

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主催するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。中学高校と続けていた新体操をベースに、ダイナミックでジャンルにとらわれないダンスパフォーマンスを目指す。
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。
現在は麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講。産後もますます輝くママたちを応援しています!


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。