Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

岡山です

昨日から岡山に来ています。
調子のよくない姉の介護(逆介護)のため、母は千葉にウイークリーマンションを借りて長期滞在中。そういうわけで、コミュニケーション能力をどこかにおっことしてきてしまったような(コミュニケーションをとろうとしてりんごを投げると、なぜかかぼちゃが投げ返されてくる。キャッチボール不可能…)父とふたりでの岡山滞在中!
わくわく!


岡山に帰る前から
“岡山で待ってなくてごめんね。でも、お姉ちゃんが丈夫な赤ちゃんを産むためと思って我慢してねー。”
と母。(不安)
“来週の月曜まで、岡山にいてあげるわけにはいけないのかー?”
と母に言う父。(もっと不安)


お父さん、お母さん、私、もう大人ですから。
お母さんいなくても大丈夫ですから。

それぞれの思惑を抱きつつ、岡山に来た父は、きちんとブレザーを着て、何ヶ月ぶりかの散髪までしてさっぱりしてました。
“嫌われないようにと思って…。今朝はお風呂にも入ってきたよー。”
“…。”
それは人としてあたりまえでは…と思ったのは私だけではないだろう。
というか、母がいるときには私と会うときにでも特に散髪も洗髪もしないくせに。

金曜の夜は天神山にてレッスン。父が天神山まで車で送ってくれました。
そして、私はレッスンが8時半からだと思っていたら実は8時だったことを知ってショックを受ける!
さらには、“レッスンが8時半からだから7時45分に集まってねー”と今度の発表会に出る5人に連絡したら全員が“はーい!”と言ったにも関わらず、誰ひとりとしてレッスンが8時であることを指摘してくれなかったことに、さらにショックを受ける!
誰かひとこと言ってくれー。

レッスンの帰りはすごく若くてかわいい生徒さんに岡山駅まで車で送ってもらったんだけど、その途中に彼女がデート中でも女友達に“早く帰りたーい”とメールをしちゃうっていう話をきいて、今日3度目のショックを受ける。がーん。でも本当に若くてかわいいので、まあいいか。

倉敷駅についたあたりでKrashJapanのあかほしさんから“今倉敷駅近くにいるんだけどー”と電話をもらい、
“もうちょっと早く連絡もらってたら、パパのお迎えを断って一緒に遊んだのにー。”
とたいそう失礼な愚痴を言っておいた。
人との相性って、タイミングもとっても大事だと思っていて。どうしても会う必要のある人は、どんなに忙しいときにでも、会えるタイミングで連絡をくれるものだ。このタイミングのずれかたは、今すぐあかほしさんに会わなくても大丈夫、と私はみた。

帰宅するとばかがつくほど真面目な父は“娘をもてなす”という任務を一身に背負った感じで、おなかがすいてないか、肉野菜いためでも作ろうか、酒は何がいいか、などと、しつこいほどにきき、うっとおしいほどに酒を並べていた。
ありがたいな-と思い、いい気になってだらだらとお酒を飲んでいたら、結局父の方が先につぶれて、ぐうぐうと寝てしまった。

親ってありがたいなあ…。


そして今日。


昨夜は部屋に蚊が入り込んで熟睡できなかったので(いいわけ)、朝10時半までたっぷりとぐずぐず寝ている。
起きた頃に、父が畑から戻ってきて
“あさごはんを食べよう!”
と提案するので、同意する。
父はかいがいしく私にコーヒーを作ってくれる。
お父さん、私、もうここ6年間くらいカフェインをとらないって言っていて、岡山にも自分用のハーブティーさえ常備しているんだけど…。
という事実を説明したら、たいそうしょんぼりして、千葉にいる姉にまで電話をしてそのことを伝えていた。そして姉に
“そうなの、あの子はお嬢様だから胃が繊細なのよー”
と諭され、ますますしょんぼりしていた。
そして、私が冷蔵庫にあるメロンを切っていたら
“畑にいちごが実っているのを、お前が来たら食べさせようと思って摘まずにとっておいたんだ!”
と誇らしげにいうので
“それはぜひ食べなければいけない。ぜひとってきてほしい。”
といったらいそいそと収穫に赴き。結局摘まずにおいておいたがために虫にさんざん食われてしまった穴だらけのいちごをかごいっぱいに持ってしょんぼりしょんぼり帰ってきたので、必要以上においしそうに食べた。
虫のいっぴきかにひきくらい、食べたかもしれない。
タンパク質と思うことにしよう。

午後からレッスン。
本日は岡山在住のダラブッカ奏者、古南文秀さんがゲストとしていらしてくれました。
なかなか触れる機会のない生ダラブッカにみんな興奮。
生音が入るだけで、空気がいきいきとするから不思議!

怒濤のようにレッスンを終わらせる。
最近、生徒さんの人数がどどどっと増えていて、私はただひたすら突っ走ってる感じで、生徒さんがついてきているのか、私だけがひとりで空回りしているか、それを確かめる余裕もないのだけど、やっぱり初期のころから通ってくれている生徒さん達が私のよいところも悪いところ飲みこんでいる感じで、ビミョーな感じで私をサポートするエネルギーをひっそりと送ってくれるので、救われる気分になる。みんなありがとう。長く続けるって、こういうところが素晴らしいと思う!

終わる頃に父が迎えにきてくれた。
“あっしーくんが着きましたよー”と留守電に入れておいてくれる。

帰り道で姉から電話。今日の夕飯について質問された(一緒に住んでいた頃も、一緒に住んでいない今も、常にお互いの一番の関心事はその日の夕飯)ので、今日は家から歩いていける焼肉屋から、そのふたつ隣の回転寿司にはしごすると伝えると
“…よくそんなこと、思いつくよねえ…”
と驚愕された。
だって、どっちにするか決められないんだもん。

で、結局焼肉を食べ過ぎて、寿司やまでもたずに帰宅。
焼肉を食べながら、父と宇宙のできた過程とか、戦国武将の憂鬱とか、学園紛争の内情とか、かなり私にとっては専門外な話をし続ける。
自分に拍手。

帰り道に、父がとっても言いにくそうに、そしてどもりながら
“ところで、おまえ、飛行機代はいつもどうしてるんだ?”
と聞く。
私は毎月、岡山まで飛行機できてワークショップとショーをしていくのだけど、その月の私の収入によって、母がこっそりと
“お父さんには内緒だからね”
と言って少しばかり援助をしてくれたりする。(親ってありがたいねえ)
なので正直に
“いつもは『お父さんには内緒ね』って言いながら、お母さんが助けてくれたりしてる”
と言ったら(で、このお金は父の年金から出てたりするんだけど)
“じゃ、これはお母さんには内緒だからな”
といって、少しばかり握らせてくれた。
そしてその10分後に母に電話をかけ
“お母さんには内緒でおこづかいを渡しておいた”
と、母に自己申告していた。
ので、私も
“お母さんには内緒でおこづかいをいただきました。どうもありがとう。”
と言ったら、
“じゃあお母さんは何も知らないけど、よかったよかった。”
と喜んでくれたので、とても嬉しかった。
こういう、別にお金のことではなく、なんの損得勘定もなく、ただただ誰かに優しくしたい、っていうのが家族だなあと思った。
親ってありがたいなあ。

千葉のウイークリーマンションにいる母はたいそう楽しんでいるらしく、姉に電話をしたら
“お母さん、はりきってるよー。毎朝9時くらいに『家政婦でーす』っていって(市原悦子か?)斜めがけかばんを右と左にばってんにかけて登場するよー”
と言っていた。朝は近所の喫茶店でモーニングセット、夜は帰りみちにあるコンビニで缶ビールにおつまみに週刊誌、というコースで、たいそう楽しんでいるらしい。
“おかあさん、おやじみたいなのー。あっはっは!”
とご機嫌だった。
意外なような、予想通りなような、母の新しい一面。

今夜は家で安いワインを飲みながら、父と山下清のテレビドラマを見ていた。
父“このどもる演技をしていると、次第に演技してないときでもどもるようになってくるんだよなあ…”
私“お父さん、どもるふりをしたことがあるの?”
父:無言

父と母は同じ大学に通っていたんだけれど、母からきいた父の大学時代のニックネームは“野蛮人”。
父が過去にどんなことをしていたのか、知りたいような、知りたくないような…。

200805242348000.jpg

(酔っぱらってぐうぐう寝てる父)











スポンサーサイト

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主催するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。中学高校と続けていた新体操をベースに、ダイナミックでジャンルにとらわれないダンスパフォーマンスを目指す。
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。
現在は麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講。産後もますます輝くママたちを応援しています!


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories