Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

NY - Christmas Party

旅の疲れも時差ぼけもとれないままに岡山で年を越して、ようやっと東京に戻りました。
ただいま。
そして、明けましておめでとうございます。
Without recovoering from the fatigue and jet lag of NY trip, he and I spent new year's eve in Okayama, then finally (!) we are back in Tokyo.
I'm home.
And, Happy New Year everybody.

久々に見る六本木は、ほっとするような、せわしないような。
昔は、どこに行っても旅の終わりがつらいばかりだったのに、惜しいような気持ちと同時に日常に戻ることにほっとしていたりもするのは、年齢のせいでしょうか?
After not seeing Roppongi for a while, I feel a little safer and a little busy being here.
I used to just hate finishing a trip.
These days I rather feel sad and happy at the same time to be back to the "normal" life.
Is it because of my age???

CIMG0023.jpg

NYでの旅行の話を少しずつ、書いていこうと思います。
まずは一番の目的でもあったクリスマスパーティーについて。
I'm going to write about my wonderful trip to NY.
Firstable, I should write about our Christmas Partyour, the original purpose of this trip :)


To read more, click "続きを読む" below.



“絶対に絶対に絶対に、本物のもみの木のクリスマスつり-を飾りたい(しかも大きいやつ)!”

と私が宣言したので、彼が生ツリーを買ってくれました。

"I really really really have to have a REAL christmas tree (big one too)"

said I. And he kindly bought one for me.

東京ではなかなか入手できない生もみの木が、こちらではそこらへんのスーパーの前とかで売られています。
よいしょよいしょと、ふたりで担いだりひきずったりしながら家まで運んだころには、手のひらが樹液でべとべとになっていました。
でも、もみの木はとてもいい匂いがして、日本の檜風呂をちょっぴり思い出したりします。
Unlike Tokyo, it's not difficult to get a real tree in US. Trees are everywhere on the street.
After we had to carry/drag the tree all the way to home, we found our hands were sticky from the sap.
But the tree smelled wonderful and also reminded me of Japanese wooden bathtub.

地下の物置から運び出してきたオーナメントをツリーに飾り付けるのは私の仕事。
彼と彼のお母さんが
“上の方に隙間があるよー”
とか
“その枝にはもうちょっと重いものをかけた方が”
とか
“外からはどうせオーナメントは見えないから、窓側の面にはつけなくていいよ”
とか言うのをふんふんと聞きながら(実はあんまりちゃんと聞いてないんだけど)、昼間から3人でワインを空けて、温かい部屋で作業をするのは何とも楽しくて。
こういうオーナメントが案外高価なのでみんな毎年少しずつ買い集めていくことだとか、
しかも結構壊れやすいので、毎年いくつかは落としたり落ちたりして壊れるものなのだとか、
時にはクリスマス前に『ツリー飾り付けパーティー』を開いて、みんなでお酒を飲みながら飾り付けをすることもあるとか、
でもそういう時は特に酔っぱらって幾つものオーナメントが壊れてしまうとか、
そのためにそういうパーティーの時には手みやげがわりに新しいオーナメントを持ち寄るんだとか、
色々とアメリカらしいクリスマスの話を聞きました。
私は今までにオーストラリアとドイツの一般家庭でクリスマスを迎えたことがあるのだけれど、みんな少しずつ習慣が違っていて、とても面白い。
It was my duty to decorate the tree with the boxful of ornaments brought from the basement.
He and Conchita were sitting on the couch saying;
"Enpty space at the top right"
or
"you need to put something heavier on that big brunch"
or
"You don't need to decorate the window side as all they can see from street is just illumination"
I just pretended like I was listening to them (I was actually more concentrated on to enjoy this activity).
I was just so happy being there while we were drinking wine at 3pm smiling and chatting in a warm room.
All the stories they told me were fun to listen too, like;
"We usually buy little by little every year as these ornaments are not too expensive but not so cheap either"
"The ornaments are fragile so that we can't help breaking a few every year"
"Sometimes we have a party just to decorate the tree. It's fun to do it with your friends drinking wine"
"But in the party you always break some oranaments as you get drunk. So people usually bring some new ornaments as gift for the party"

I have experienced christmas in Australia and Germany, and now in US.
It's quite interesting that each country (or family?) has different tradition for the christmas.

そしてこれが、完成したツリー。
どうだ!
And this is the tree we had.
Look at this!
CIMG0026.jpg


こんなにざくざくとあるオーナメントのなかで、私がとりわけ気に入っていたのが、アンティークの赤い小鳥達。
体がほわほわの毛糸、尾が本物の羽で作られていて、1羽ずつ表情が違っているのが本当に愛らしいのです。
足についている針金で枝にくくりつけるのだけれど、上手につけないとまるで死んだ鳥が枝にひっかかっているように見えてしまう。
逆に、上手につければ本当に生き生きと、今にも動きだしそうに見えるから不思議!
Among these countless shiny ornaments, I particulaly loved antique red birds.
Their body is made of fluffy red wool and its tail is made of real feather.
And every single bird has different adorable face.
They can be attached to the tree brunches with wires on their legs.
If you put it wrong way, they just look like dead bird hung on the tree but if you do it just right, they looks amazingly alive and you almost hiear them singing!
CIMG0027.jpg

CIMG0029.jpg
CIMG0030.jpg


ツリーの根元に積み上げたプレゼントは、25日の朝に家族で開きます。
“ツリーの根元に山のようにプレゼントを積み上げる”
ことをもうひとつの目的としていた私は、高価ではないけれどこまごまとしたプレゼント(日本から買って行ったカイロとか、湿布とか、そば枕とか)をやたらと小分けにしてラッピングしていったので、彼のお母さんコンチータ(なんてキュートな名前!)は
“今までの人生の中で、こんなにたくさんのクリスマスプレゼントをもらったことはないわ!”
とぎょうてんしていました。
うひひ。
The presents under the tree are opened in the Christmas morning with family.
My another secret mission was "to pile up presents".
I prepared many small (inexpensive) presents and wrap them up all separately.
So his mother Conchita was surprised and said
"I've never had so many christmas presents in my life!"
Mission completed :)


そして25日の午後にはコンチータのお友達がやってきて、こじんまりとあたたかなパーティーが始まりました。
In the afternoon of christmas day, we had Conchita's frinds coming over for a small but very warm party.
CIMG0038.jpg

デイナーテーブル。
Dinner table

CIMG0035.jpg

焼かれた鶏たち。
残酷なようだけど、ちょこんと揃えた前足がなんともかわいらしくって…。
Grilled chicken.
I don't mean to be cruel but their tiny front legs look so cute!

CIMG0041.jpg

チキンを切り分けるのは男性の役目です。
It should be a man who serves meat.

CIMG0040.jpg

コンチータの30年来の友人、ゲイのマイク。
彼はコンチータをとっても大切にしてくれていて、犬を散歩に連れていってくれたり、スーパーに買い物に行ってくれたりするのだとか。
なんだかいいなあ、そういうお友達。
Conchita's 30 years long friend Mike.
Mike is gay but he takes really good care of her.
I very much liked seeing them together.

CIMG0042.jpg

そしてコンチータ。
こういう日にはきちんとお化粧をして、口紅も塗って、とてもきれい。
Conchita.
She looked beautiful with her make up done, with red lips.

足の悪いコンチータの指図のもと、みんながわいわいと働いて、おいしいものを作って、食べて、おしゃべりして、お片づけをして、とても温かいパーティーでした。
For Conchita who has problem with her legs, everyone helped the party by cooking, chatting, and cleaning up together.
It was really heartwarming party.

強いていえば、いつか村上龍のエッセーで読んでからずっと飲みたいと思っていたアメリカのワイン“オーパスワン”を、せっかくアメリカにいるからと彼が奮発して買ってくれたのに、味がイマイチだったのが残念。
くうー。
If I may regret something, it must be Opus One that I've had read about long time ago in an essay by Ryu Murakami and wanted to try for long time, and that my boyfriend bought for me as we were in US.
However, it was not impressive as we expected.
Hummm....



スポンサーサイト

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主宰するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。
全ての女性たちが、もっと自由に、もっと美しく、そして自分のなかに存在する愛に深く気づきますように、祈りをこめて踊り続けます!
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講するなど、輝くママたちを応援!
第2子妊娠のため、2017年より2度目の産休に突入中。


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories