Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還暦祝い

この週末は、母の還暦祝いのために愛媛に行っていました。
I was in Ehime for my mother's Kanreki (60's birthday) last weekend.200709100817000.jpg



To read more, click "続きを読む" below.






なんだかんだで延期を繰り返していた還暦祝いですが、母の61歳の誕生日を3日前に控えた9月9日、ぎりぎりに開催されました。
私の家族は、たぶんかなり絆が強い方で、姉と弟を持つ私の姉弟は『子供連合軍』(言うのも恥ずかしい…)なるものを結成していまして、こういった家族イベントは基本的に子供連合軍の主催なのですが、今回は最も多忙な連合軍最下級『使いっ走り』の弟Kの職場近く、愛媛県は松山の道後温泉にて開催の運びとなりました。
For many reasons and excuses, the kanreki has been postponed so many times. Finally on 9th on Sep., 3 days before her 61st birthday, we got to hold the celebration party.
My family has a kind of strong relationship. We 3 children called children's allied force, my sister; brother; and me, always organize this kind of family event. And this time, we decided to hold this party in Dogo-hotspring in Ehime prefecture, close to my brother, the busiest one.

まあ、ものすごく豪華なホテルでリッチな一夜、とはいきませんでしたが、久々に家族みんなでホテルでのんびり過ごす一夜は格別でした。
この日のために、子供連合軍は何ヶ月も前から色々と準備していて、ハンドバッグと首飾りのプレゼント、昔の写真をふんだんに使ったオリジナルカレンダー、薔薇の花100本の花束、それぞれのお手紙、などなどを贈ったのですが、なんといっても、今回のスーパーメインイベントは父からの贈り物でした。
もともと学者であった父は、現在はリタイアして畑にさえいれば幸せという百姓暮らしですが、そもそもコミュニケーション能力が著しく欠落していて(さすが学者!)、しばしば家族にも“(会話の)キャッチボールができない!”とあきれられてばかりの人であるのです。
とこらが、この日は素晴らしい小冊子を作成してきておりました!
その名も『愛笙歌』。(母の名前は笙子といいます)
It was not the most luxurious night ever, however it was pretty good to spend a night relaxing with family.
For the night, the children's allied force had prepared some present such as a handbag and necklace, a bouquet of 100 roses, letters from each child and so on.
But the best thing of the night was a little handmade booklet by our father.
My father was an engineer, very square. After he retired he was more than happy to be a farmer and he wanted nothing other than his farm in Okayma.
We the family think he has NO communication skill at all. He is a very nice person but he cannot communicate with others.
But for this night, he made a WONDERFUL booklet about his wife called "Ai-syo-ka" (mom's name is Syoko) .
200709122145000.jpg



そこには母との思い出をつづった12首の短歌が、思い出の写真とともに綴られていて、家族全員で爆笑しながらも、涙なしには読めない1冊だったのです。
無口な父は普段何も言わないので、基本的に子供達は母の側からの報告が主要な情報源となるわけで。そうなると、両親の間に何かあったときも、母の怒りの電話や爆笑の電話などを受けて、親の状況を把握するわけですが、今回初めて、“父の視点”からの報告を受けたわけです。
例えば、何ヶ月か前に母から電話報告を受けていたあの事件やこの事件も
“こんなにひどいことをお父さんはしたのに、ごめんの一言もない!”
という母の気持ちに対しても
“気が利かないばかりにあんなことを言ってしまったけど、その後ずっと後悔してもしきれない”
という父の苦悩が見えたり。
そんなに悩んでいるなら、さっさとごめんねって、言えばいいのに…。
としか思えないあんなこと、こんなこと。
男の人って、ほんとよく分からないーと思いつつ、泣けて来たり、ほっとしたり。
しかし、有意義な週末でした。
往復に5万円も払って行った甲斐があったよ、愛媛。(涙)
お父さんみたいな人と、結婚したいような、したくないような…。
The booklet was full of his feelings for his wife. There are 12 tankas he made with matching photos of our family history. We all etremely laughed with tears :)
My father is not a very talkative person. So the source about their relationship is always our mother.
She always calls us when she is happy, when she is angry, when she is sad, or whatever. And we tend to believe it's the fact.
However, this time we saw another fact from father.
How much he regrets about his ccarefreeness. His regret.
We just think "Why don't you say sorry if you regret it so much!!??"
But that's him, you know.
Anyway, it was worth flying all the way to Ehime for this paying 50000yen (tears).
I still wonder if I'd like to marry someone like my dad or not ,,,,

とりあえず、両親は孫の龍貴のお世話を『させていただく』だけでも幸せだったみたい。
よってたかって。
Anyway, my parents seemed extremely happy for taking care of their grandson Ryuki.
Together.
200709100838000.jpg

200709101155000.jpg


ちなみに、ヤスミンについての歌も一首あり。

無駄と知りつ、子らに挑む論戦を
仕掛けて負ける、親の嬉しさ

“妻は言う、子等は何時までも子供ではないと。いつの間にか親を乗り越え、自分の足で歩き始めている。ダンサーにするために慶応大学に行かせたのではないと、自分の升で子等を推し量り制御しようとするが、子等の升の器の大きさは遥かに親を超えていることを思い知らされるとも度々。
その都度、子等に感化され、親も一回り成長した。負けた悔しさは残るが、本当のところは子供の成長が嬉しいのだ”
(コメントより)
ちょっと大人になったばかりの頃は、親と論争して言い負かすと勝利の喜びだけが残ったものだけれど、勝ちつつも寂しさが残るようになったのは、いつ頃だったでしょうか。
いつか、自分が親になるのが怖いような、楽しみなような…。
スポンサーサイト

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主催するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。中学高校と続けていた新体操をベースに、ダイナミックでジャンルにとらわれないダンスパフォーマンスを目指す。
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。
現在は麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講。産後もますます輝くママたちを応援しています!


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-06 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。