Chez Yasmeen - ヤスミンのベリーダンスブログ

東京在住のベリーダンサー、 ヤスミンのブログ。六本木ヒルズ近く、麻布十番のベリーダンススタジオ Chez Yasmeenを運営。各種レッスン・ショー活動ほか、ママのための子連れベリーダンスクラスも開催。ホームページはwww.yasmeen.co.jpへお越し下さい♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜこんなにもパレスチナが気になるのか…

[English follows ..]

今、パレスチナで起こっている争いを、とてもやるせなく思っています。
何かできることはないかと、毎日のように考えます。
なんでそんなに?と思う人も多いかと思いますので、ここに、その理由を書いてみました。
長くなりますので、お時間のある時に読んでいただけたら嬉しいです。

********************************
なぜなら…


「攻撃されるのがいやなら、なぜパレスチナの人はミサイル撃つのをやめないの?イスラエルは自衛してるんでしょ?」
と思っている人へ。

答えは、「私たちが無関心だから」です。


パレスチナ人はミサイルを撃ちました。
なぜなら、彼らは迫害されていたからです。
パレスチナ西岸には毎日少しずつ「ユダヤ人入植者」たちが入り込み、
いやがらせをして巧妙に彼らを追い出し、
電気、ガスといったインフラは全て、イスラエルが握り、
自治区以外の場所に行くには、通行許可賞を持って、
イスラエルが作った検問所を通らなければなりません。
農業をしたくても畑はイスラエルに奪われていき、
会社で働きたくてもイスラエル側に通うのは困難です。
ガザは、「世界最大のオープンエアーの牢獄」と表現されるように、
海とイスラエル側の国境とエジプトとの国境に囲まれています。
イスラエルとの国境には、境界をはっきりと示すフェンスがそびえ、イスラエル軍兵士が目を光らせています。
海もまた、イスラエル軍の船に囲まれ、イスラエル軍が目を光らせています。
ガザ内の経済活動は破綻し、最低限必要な物資も簡単には運び入れることができません。急病人が出たときでさえ、病院に向かう途中の検問所で跳ね返されることもままあります。エジプトとつながっていたトンネルは、事実上彼らのライフラインでしたが、イスラエルからの要請で封鎖されました。
イスラエル軍による監視のもと、パレスチナ人達は窒息しそうになりながら生活をしているのです。
このひどい現状に抵抗するためにデモを行う大人達は、
殴られたり、投獄されたりします。
大人は殺されるか逮捕されるので、ガザの中は子どもだらけです。

ガザの人々は、長年、世論に訴えてきました。
これは人権の迫害だ、と。
私たち幸福な先進国の人間は、それに耳を傾けてきませんでした。

パレスチナの地をすべて手に入れたいイスラエル人と
イスラエルパレスチナをコントロール下においておきたいアメリカは
私たちが無関心であることを良いことに、
たくさんの嘘をメディアで流しています。

だから、パレスチナはミサイルを撃つことにしました。
生き延びるには、子ども達にもっと明るい未来を与えるには、
そうするしかなかったのです。
世論が味方になってくれないなら、自分たちで闘うしかなかったのです。

私自身は暴力で解決できる問題は何もないと強く信じており、
ハマスのロケット攻撃にもまったく賛成できませんが、
世界から見放されたと感じ絶望したパレスチナの人々が、
何らかの望みを見つけ出さざるを得なかったという心情は、
想像してあまりあるものがあります。
イスラエルが停戦案を出したのに!と、アメリカは言いますが、
その条件は、以前と同じ囚われの状況に戻すための案でしかありませんでした。
それでは、立ち上がった意味がないのです。


パレスチナはミサイルを撃つことにしました。

なぜなら、私たちが無関心でいたからです。

たくさんの一般市民が殺され続けています。

なぜなら私たちが無関心でいたからです。

あまりにも多くの、無邪気な子ども達の命が奪われ、
怪我をし、心に癒えることのない傷をおいつづけています。

なぜなら私たちが無関心でいたからです。


私自身も長年、無関心でいました。
2011年3月11日までは。

あの時に、始めて知りました。
原発なんていう、こんなひどいもの、いったい誰が作ったの?
なんでこんなもの野放しになってたの???
とはじめは呆然として思ったけれど。
すべては、自分の無関心が原因でした。
危ないよと言ってくれた人がいたのに。
反対する人々が頑張っていたのに。
私たちが無関心だから、
お金儲けしたい人はやりたい放題だったのです。
犠牲になったのは、福島の人々でした。
罪もない子ども達でした。
私たちが無関心だったからです。
謝っても謝りきれない。

だからもう、無関心ではいたくない。
世界のすべてを知ることはできないけど、
知ってしまったことは、知らないふりをしない。
どんなに微力でも、できることを少しずつやっていく。

愛の反対は、憎しみではなく無関心だ。
と、マザーテレサは言いました。

愛に溢れる世界を作りたかったら、まず無関心をやめなければいけない。

道ばたに倒れている人がいたら、通り過ぎずにかけよるでしょう?
倒れている人がいないか、町中を探しまわる必要はないけれど、
目の前にいたらその人を助ける。
ふと情報を見たら、目に留めて、耳を傾ける。
多くの人がそうするだけで、どれだけ世界は優しくなるだろう。

今ガザでは、1時間あたり1名の子どもが殺されている計算になるのだそうです。
胸がつまります。
イスラエルは、一般市民を攻撃し、救急車を撃ち、病院を空爆し、
一般市民が避難していた国連施設までもを爆撃しています。
完全な国際人道法違反が、今この瞬間に行われています。

とにかく国際世論を高めるために、どうぞ、情報を広めてください。
アメリカの顔色を伺って、大手メディアは弱腰の報道しかしていません。
インターネットを使って、生の声を調べ、拡散しましょう。
世界に見捨てられたと思って絶望しているパレスチナの人々に、
見守っているよ、と、サインを送りましょう。
今、私たちのアクションが必要とされています。


Because…

To all those people wondering: “Why don’t the Palestinians stop firing rockets into Israel if they want the attacks to stop? Isn't Israel just defending itself?”

Yes, the Palestinians do fire rockets.
Why? Because they have been persecuted and victimized for decades.

In the West Bank, Israel controls all infrastructure from electricity and gas to water supply. Palestinians need special permits to move from one place to another and they are forced to pass through numerous Israeli checkpoints.
Farmers are unable to tend to their fields for fear of attack or because Israel has confiscated the land.
People cannot easily get to their places of work inside Israel without proper certification.

Gaza has been declared the world’s largest open-air prison by some. It is surrounded by the sea on one side and Israeli and Egyptian borders on the other.
The border with Israel is fenced off and watched vigilantly by Israeli army personnel. The Israeli army has also blocked off the sea and Palestinians are unable to venture far off the coast. The economy is crippled and many basic supplies are not allowed in. Even the sick requiring urgent treatment have been turned away at the border. It is a total military siege that is stifling the life out of the Palestinians.
The small tunnels created by the Palestinians form a vital lifeline but these are regularly destroyed by Israel.

People trying to protest these inhumane conditions are routinely attacked and imprisoned.
Because so many adults have either been killed or arrested, Gaza is full of children.

The people of Gaza have been appealing to the world for help for many years, stating that conditions are a violation of basic human rights.
And we the people living in the luxury of our affluent countries have turned a blind eye.
Israel, which wants all of the land as Jewish only, and the US, which actively seeks to control the region, would have us believe that it’s ok to be apathetic, a position reinforced by the constant stream of propaganda and lies we are forced to swallow by mainstream media.

That’s why Palestine fires those rockets.

Out of desperation. To survive. To try and give a brighter future to the children.
They’ve simply run out of options.

When the entire world seems to turn its back on you, you have no alternative other than fight.

Although I firmly believe that violence will never solve anything and I am in no way condoning Hamas rocket fire, I also realize that it is critical to understand the broader context of the conflict and the reasoning behind their actions, which are borne out of desperation due to global apathy.

Also, Israel and by default mainstream media and the US administration will have you believe that it was the Palestinians that refused to sign the ceasefire.
But what they also neglect to tell you is that the conditions of said ceasefire are wholly unacceptable to the Palestinians and only favor the Israelis since they are merely a return to the status quo of occupation and siege.
So it really serves no purpose.

So Palestine shots its rockets.

Because we remain apathetic, disinterested. We do nothing.

And civilians continue to be killed in the hundreds.

Because we remain apathetic.

Many innocent children are being slaughtered while the physical and mental scars may never heal in those that survive.

Because we remain apathetic.


I too remained apathetic for many years.
Under March 11, 2011.
That’s when I started to really think.
Why do we even have nuclear power? Whose interests is it serving?
Why isn't it properly controlled?
Everything is caused by our apathy.
Even though there are people telling of the danger.
Even though there are people doing their best to protest it.
But we remain apathetic and the profit-hungry do as they please.
And it is the people in Fukushima who suffer.
And the innocent children.
Because we remain apathetic.
Saying sorry just isn’t enough.

That’s why I don't want to be apathetic any longer.
I can’t know everything there is to know in the world, but I won’t pretend not to know what I do anymore.
I will do whatever I can, no matter how small.

Mother Teresa said the opposite of love is not hate, it is apathy.

If we want to build a world of love, we have to stop this apathy.

Will you rush to help someone that has fallen in the street?
There’s no need to go looking, but if you come face-to-face with such a situation, lend a hand.
If you see information, stop and read, listen.
Imagine how much better and kinder the world would be if more people would do this.

Now in Gaza a child is being killed at the rate of one every hour.
That’s too much to bear.
Israel is attacking ordinary citizens, shooting ambulances, bombing hospitals, even UN facilities that people have evacuated to.
Now at this moment internationally recognized human rights are being totally violated.
Please share this information. The world needs to know.
Mass media, afraid of how the US will react, remains meek and mild in its reporting.
That’s why we have to take the lead in learning and sharing information ourselves through the internet.
The Palestinians feel abandoned by the world and have lost hope. Let’s tell them we care and show them we will do everything we can in support of their freedom and right of self-determination.
Now, more than ever, is the time for action.

スポンサーサイト

TRACKBACK

http://yasmeen.blog33.fc2.com/tb.php/1008-ea405ebe

 HOME 

YASMEEN

Yasmeen

Yasmeen

ヤスミン ベリーダンサー

出演・レッスンのお問い合わせはこちらまで

info@yasmeen.co.jp

Facebook → Yasmeen Tokyo

ヤスミンが主催するYasmeen Bellydance SchoolのHP↓
www.yasmeen.co.jp

レッスン情報を知りたい方はこちらへ。
出演依頼をしたい方はこちらへ。


PROFILE:
慶応義塾大学文学部卒業後、出版社勤務、オーストラリア留学、広告代理店勤務を経て2007年にトルコにダンス留学。プロダンサーになって現在に至る。中学高校と続けていた新体操をベースに、ダイナミックでジャンルにとらわれないダンスパフォーマンスを目指す。
2004年より都内を中心として活動。2011年に岡山市内にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Okayamaをオープン。2013年に東京・麻布十番にベリーダンススタジオ Chez Yasmeen Tokyoをオープン。2015年に第1子出産。2015年に岡山校をクローズ。
現在は麻布十番のスタジオを拠点として、レッスン及びショー活動に励む。
産後はママのための子連れベリーダンスクラスも積極的に開講。産後もますます輝くママたちを応援しています!


Work like you don't need money
Love like you've never been hurt
Dance like nobody's watching!


パーティーや結婚式に、ベリーダンスはいかがですか?出張いたします。料金応相談。お気軽にお問い合わせください。

Calendar

« 2017-04 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。